シミュレーション研修

新卒看護師さんにシミュレーション研修が行われました。

昨年に続き、外部研修に参加された指導者さんでシナリオ等の準備がされ、勤務日の午後半日をつかって実施しました。

病棟別に「複数の患者様の訴えに対して初期対応ができる」と、「情報に応じた情報収集ができ、適切な態度がコミュニケーションスキルを習得する」という目的にそって、目標やシナリオの状況が説明されました。

代表者が患者役の先輩との場面でアセスメントしながら実践し、見学していた他の新卒さんとその時の状況をホワイトボードに書きだしていきました。

その後ファシリテーターの先輩より、できていたことや気づきについてお褒めの言葉や、その他の必要だった情報や判断が示されました。

実習でしてきた1対1の看護と違い、臨床で求められる多重課題に対する優先順位の判断や臨機応変な対応は、新卒さんのもっぱらの悩みです。

シミュレーション研修をしておくことで、リアリティショックを軽減できると言われています。

今回の研修で新卒さんに考え方のヒントが伝わったことが、感想からわかりました。

次回は、病態生理レポート研修の予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ