高校生1日看護体験

8日9日と高校入試の休みを利用して、高校生1日看護体験が開催されました。

県下の14校から73名の方が参加してくれました。

病棟体験コース、院内見学コース、OP室見学コースに分かれて、色々なことを体験していただきました。

午後の質問コーナーでは、若い看護師さんに「看護師になってつらかったこと」「専門学校と大学の違い」「看護師になろうと思った理由」「夜勤は怖くないか」「看護師になってうれしかったこと」などたくさんの質問が出されました。

病棟の看護師さんは、「『あなたでよかった』と言われたことが一番うれしかった」と答えていたのが印象的でした。

感想文には「看護師の仕事は奥が深いと思いました」

「責任が重くつらいこともあるけれど、それ以上にやりがいのある仕事だと思いました」

「患者さんに何度もありがとうと言われて、うれしくて心が落ち着いてくるのがわかりました」

「とても幸せな瞬間でした」

「自分の笑顔が患者さんを笑顔にするのだと思いました」

「体験に参加して、より一層看護師になりたいと思いました。」

中には「夢をかなえるために頑張ります!」「必ず看護師になって見せます!」と書かれている学生さんもあり、強い決意を感じることができました。

まだ漠然と医療系に進みたいと感じている1年生も少なくないようでしたが、今回の体験で少しでも看護職の魅力を伝えることができて本当によかったと思いました。

これからも看護師を目指す学生さんのために、応援していきます。


2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ