感染管理認定看護教育課程入学者よりの通信2

県外の大学で感染管理認定看護師の教育課程に学んでいるナースマンより、No2の通信が届きました

一部を紹介します

「九月の初めまではオンライン中心の講義で試験日のみの登校、半ばからは微生物演習や実習前の打ち合わせなどで登校中心の生活にシフトしています。

学習生活としては一週間に一~二つの科目試験があり、三週間に一つくらいのペースでレポート仕上げるというかなりハードな生活。
おまけに統計処理や英字論文の解読なども求められ、頭から煙が出ています。

七月は主に看護管理や法規、病院経営などマネジメントに関わる授業がほとんどでしたが、八月からは感染症や薬理学、感染防止技術などの各論的授業が始まりました。
一講義・一質問を目標に、これまでの経験から疑問に思っていたことを講師にどんどん質問しています

十月からは実習が始まります。
実習では病棟を始め外来や事務、検査などすべての部署の感染管理方法を学び、感染管理認定看護師としての確かな観察眼、思いやりにあふれた指導技術を少しでも身に着けようと考えています。

気づけば研修も折り返し地点が近づいてきました。一日一日の学びを大切に、同期と一緒に楽しく過ごします!」

真面目で学びに貪欲な彼ですが、体調には気を付けて。遠い香川より応援しています

 

 

 

 

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ