手作りのポシェット

回復期リハ病棟の患者様に、看護師が手作りでポシェットを作成しました。

退院に向けて、排泄の自立を目指している高次脳機能障害のAさん。

ポシェットの中には、見えないように尿とりパッドが入っています。

ご自分でパッドを交換することを意識してもらうために、作られたものです。


パッドを「変える」と、おうちに「帰る」ということをかけて

「カエル」のアップリケが付けられました。

Aさんはポシェットをとても気に入られていて、いつもぶら下げて歩いています。

先日退院する時も、泣きながら「ほんまにありがとう」と帰っていかれたそうです。

ポシェットから、看護師のたっぷりの愛情が伝わって本当によかったね。


2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ