お祭り気分で

ホスピス緩和ケア病棟では、毎年患者さんや家族に夏を感じてもらえる様に夏祭りを開催しています。
看護学生ボランティアさんの参加協力で盛大に行われるイベントのひとつでしたが、昨年から感染症予防のた病棟スタッフで企画し、手作りの“夏祭り縁日イベント”を行いました。

患者さんが目で見て楽しめて、比較的食べやすいものをメニューにしようと看護師で考えました。
料理上手の看護師やスタッフで手作りのアイスクリーム、冷やしパイン、お好み焼き、焼きそば、焼きドーナツ、唐揚げ、ポテトフライを準備しました。

ワゴンを使って屋台を作成し、各居室に周り患者様ひとりひとりに食べたいものを選んでいただきました。

患者様からは「うわ~すごい!こんなのできるんですか?」「子ども達にも見せてあげたかった。」「お好み焼きを食べるため昼を少なくして楽しみにしてました。」「冷やしパインやアイスがおいしそう!」などと病院食にはないメニューを楽しんでいる様子がでした。
1口しか食べられない患者様もいましたが、笑顔で味わっている姿がとても印象的でした。

感染症対策のため面会制限は継続していますが、入院中の患者様には季節を感じてもらえるような関わりを行い、ご家族様にも少しでも患者様との思い出作りのお手伝いができれば幸いです。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ